トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
ネット会員の方はこちら
メールアドレス
パスワード

[新規会員登録]
商品カテゴリ一覧
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
 
デジタル一眼レフカメラ > キヤノン > キャノン EOS5Dsボディ
商品詳細

キャノン EOS5Dsボディ



キヤノン EOS 5Ds [ボディ]

キヤノン独自開発の有効画素約5,060万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーと、映像エンジン2基からなるデュアルDIGIC 6 を採用しており、高画素を実現しながらも、最高約5コマ/秒の高速連写や常用最高ISO感度6400(拡張ISO12800)などの優れた基本性能を同時に達成しています。他にも、高画素のメリットを最大限に引き出すため、カメラ内部の振動ブレを低減するカム駆動方式「ミラー振動制御システム」を採用し、安定した高画質を実現しています。また、より細部の表現を重視した新ピクチャースタイルの「ディテール重視」や、高画素を生かした疑似望遠効果を得られる「クロップ撮影」機能など、さまざまな新機能を搭載しています。この他、被写体捕捉に優れる61点高密度レティクルAFを搭載するなど優れた基本性能も備えています。



画素数 約5060万画素 撮像素子サイズ 36.0×24.0
使用メディア SD,SDHC,SDXC,CFカード 液晶モニター 3.2インチ ※TFT 式カラー液晶モニター ワイド3.2 型(3:2)
視野率 100% ファインダー倍率 0.71倍
連続撮影速度 5コマ/秒 ※高速連続撮影:最高約5.0 コマ/秒、 AF測距点 61点 ※クロス測距点:最大41点
写真形式 RAW、JPEG
ダスト除去機能

商品名 キャノン EOS5Dsボディ
定価 オープン価格
特別価格 436,000円
メーカー キヤノン
送料区分 送料込

数量:

キヤノン EOS 5Ds[ボディ] の 商品概要
 

■有効画素数約5,060万画素による圧倒的高解像度

キヤノン独自開発の有効画素数約5,060万画素の35mmフルサイズCMOS センサーを搭載。新規微細化プロセスを導入し、高画素でありながら低ノイズ・広ダイナミックレンジを実現。CMOSセンサーにおけるマイクロレンズからフォトダイオードまでの距離を短くすることで集光効率を向上し、常用最高ISO感度6400(拡張ISO12800)を達成。16チャンネルの高速信号読み出しのCMOSセンサーと、映像エンジンを2基搭載したデュアルDIGIC6の高速画像処理により、高画素と最高約5コマ/秒の高速連写を両立しました。


■高画素のメリットを最大限に引き出すさまざまな新機能

画質に悪影響を及ぼす現象の一つで、特に高画素になるにつれ目立ちやすいカメラ内部の微小な振動ブレを低減するカム駆動方式「ミラー振動制御システム」を採用。従来のバネによるミラー駆動方式ではなく、カメラ振動ブレを引き起こす主原因であるミラーアップ/ダウンをモーターとカムギアで駆動制御することにより、振動ブレの抑制と静音化を実現。
細部の輪郭や繊細な質感までくっきりと描写する画像特性の新ピクチャースタイル「ディテール重視」を新たに追加。高画素のメリットを余すことなく発揮します。

■優れた基本性能

ピクチャースタイルのシャープネスの設定が充実し、従来の「強さ」の他に、強調する輪郭線の細かさを変更できる「細かさ」を追加し、さらに、シャープネスをかける境界となる値を変更できる「しきい(閾)値」が設定可能。
高画素を活かした疑似望遠効果を得られる「クロップ撮影」機能を搭載。約1.3倍(約3,050万画素)と約1.6倍(約1,960万画素)のクロップ撮影が可能。
「EOS 5D Mark III」と同様の61点高密度レティクルAFを搭載、被写体を高精度に測距することが可能。
15万画素RGB+IR※測光センサーを搭載し、センサーから得た被写体情報を利用したEOS iTR(IntelligentTracking and Recognition)AFを採用。これにより、優れた動体追従性を実現。
進化した自動露出(AE)システムにより、フリッカー光源の点滅周期の検知が可能。光量ピーク時近辺で撮影することにより、露出のばらつきを抑えた撮影を可能とする「フリッカーレス撮影」機能を搭載。
視野率約100%、倍率約0.71倍、アイポイント約21mmの高性能な光学ファインダーに、さまざまな撮影設定に関する情報を表示する透過型ファインダー内液晶の「インテリジェントビューファインダーII」を採用。
USB3.0 に対応しており、大容量のデータでもストレスなく取り扱いが可能。

■撮影表現をさらに拡大するEOS シリーズ初となる多彩な機能

一定間隔で撮影した静止画をつなぎ合わせてカメラ内で自動的に動画を作成する「タイムラプス動画」機能を新たに搭載。
クイック設定画面に使用頻度の高い項目を表示させ、レイアウトや表示サイズを変更可能とする「クイック設定カスタマイズ」機能を新たに採用し、操作性を向上。
レリーズタイムラグを意図的に大きく設定(1/8 秒、1/4 秒、1/2 秒、1 秒、2 秒)し、ミラーショックが収まった後にレリーズ撮影する機能を新たに搭載。これにより、カメラ内部の振動ブレの影響を低減。
現行のオートホワイトバランスを「雰囲気優先」とし、新たに白熱電球などの光源下で赤味が残りにくくなる「ホワイト優先」を選択可能になりました。